大麻業界を専門とするデジタルマーケティング会社

0
210

大麻業界を専門とするデジタルマーケティング会社のFylloは、州および地方自治体の大麻規制へのサブスクリプションアクセスを提供するWebサイトであるCannaRegsを買収しました。 Fylloの創設者兼CEOのChad Bronstein(上の写真)は、彼の会社が1000万ドルの現金と株式を支払ったと語った。

Bronsteinは以前デジタルマーケティング会社Amobeeの最高収益責任者を務めていましたが、特に規制とコンプライアンスが大麻製品の広告に関して「独特の技術的課題」を提起しているため、両社は「非常に補完的」であると私に話しました。

結局のところ、彼の目標はFylloが「サービスとしてのコンプライアンス」を提供することであり、ブランドとパブリッシャーがすべての大麻広告が地域の法律に準拠していることを保証するのに役立つ人工知能を備えています。同時に、ブロンスタイン氏は、フィロはCannaRegsの150以上の顧客(主に法律事務所、不動産専門家、大麻オペレーター)を引き続きサポートし、プラットフォームの自動化をさらに進めるために努力すると述べた。

さらに、CannaRegsの創設者兼CEOのAmanda OstrowitzがFylloの最高戦略責任者となり、CannaRegsの30人の従業員がデンバーのオフィスで働き続けます。これにより、フィロの総従業員数は約70人になりました。

「短期間で、Fylloは、出版社や大麻企業が安全かつコンプライアンスに準拠した方法でクリエイティブキャンペーンを構築するための不可欠なプラットフォームとして浮上しました」とオストロビッツ氏は声明で述べた。 「Fylloと提携することで、業界全体を混乱させる可能性のある真に注目すべきブランドを構築する機会が得られます。既存の顧客に同じ品質のデータを提供し、そのデータをFylloのプラットフォームに組み込んで、ビジネスの成長を目指す大麻ブランドのワンストップショップになることを楽しみにしています。」

シカゴを拠点とするFylloは昨年、1800万ドルの資金を調達しました。