ヒュンダイと起亜は、英国の電気自動車の新興企業に1億1,000万ドル以上を投入

0
56

電気自動車の消費者市場を忘れてください。配達車両は、電気が本当に離陸するための「トロイの木馬」である可能性があることが判明しました。

韓国の自動車大手、ヒュンダイと起亜は、今日の比較的ステルスから浮上した英国のスタートアップArrivalに1億1,000万ドル以上を投入しました。同社の広報担当者によると、この投資によりすぐに到着は英国で最も価値のある新興企業の1つになり、30億ユーロ(34億ドル)と評価された。 CBの洞察からの最新の調査によると、他の5つの英国のスタートアップだけがこれ以上の価値があります。

ロンドンを拠点とする5年の歴史を持つ会社で、ドイツ、米国、ロシアを含む5か国に約800人の従業員がいますが、Arrivalはこれまでのところ活動に熱心です。

彼らの考えは、電気自動車を従来の化石燃料自動車と同じコストで製造することですが、製造のために主要都市の近くにある「マイクロファクトリー」を使用することによって大幅にコストを削減することです。

そのモジュラー「スケートボード」プラットフォームにより、1つのシステムでさまざまなモデルを構築でき、そのプロトタイプは、DHL、UPS、Royal Mailなどの世界的な配送会社による試験にすでに参加しています。

ヒュンダイの社長兼チーフイノベーションオフィサーであるヨンチョチー氏は声明で、「この投資は、ヒュンダイと起亜が追求するオープンイノベーション戦略の一部である」と語った。

ヒュンダイは自動運転と電気自動車に350億ドルを投資していると理解されています。

ヒュンダイは昨年、自動運転技術と電気自動車の開発への350億ドルの取り組みを発表しました。その一環として、2025年までに23種類の電気自動車を発売したいと考えています。先週、ラスベガスで開催されたCES技術会議でUberとの飛行タクシーのコンセプトを発表しました。